最近人気が高まっている海外不動産投資【魅力を紹介】

MENU

低金利時代に資産を増やす

男性

出資型とワンルーム型

投資が人気になっていますが、その1番の理由は金利の低下です。銀行にお金を預けても資産が増えないので、投資に回す人が増えているのです。投資にも色々ありますが、初心者や高齢者に人気なのが不動産投資です。毎月の家賃が入ってくるので安定した収入源になります。株や為替などの投資では市場が大きく変動すると一挙に資産を失う恐れがあります。しかし不動産投資の場合は暴落が起こったとしても、不動産という資産を手元に残すことができます。この点でもリスクが小さいので人気があるのです。不動産投資は資産家だけでなくサラリーマンでも参加できます。1口100万円からの出資型の不動産投資もありますし、マンションの一室を購入して貸し出すワンルーム型もあります。自分で部屋の管理などをするのが面倒な人にとっては出資型が便利です。不動産の管理はプロがやってくれますし、出資するだけで年に数回の配当金を手にすることができます。不動産についての専門知識も必要ないので、高齢者の老後の生活を安定させるには最適です。ワンルーム型の場合は物件を購入する頭金だけ用意すれば、あとのローンは家賃収入を充てればいいのです。自分がローンを払わなくても入居者が家賃という形で支払ってくれるので、何もせずに不動産を手にすることができます。ローンの支払いが終わったら物件を売却すれば資産が得られます。売らずに賃貸経営を続ければ、家賃収入がまるごと手にすることができます。

Copyright© 2018 最近人気が高まっている海外不動産投資【魅力を紹介】 All Rights Reserved.