最近人気が高まっている海外不動産投資【魅力を紹介】

男性

低金利時代に資産を増やす

低金利の時代なので資産を増やすには投資が1番です。色々な投資がありますが、リスクが小さく初心者でもできるのが不動産投資です。資産がなくても1口100万円から出資できるものがありますし、ワンルーム型ならサラリーマンでもできます。出資型なら不動産の知識がなくても可能ですし、管理の苦労もないので楽です。

MENU

家

投資に関心のある方へ

近年、日本でも資産運用に関心を持ち、積極的に投資を始める人が増えてきているといわれています。アパート経営などの不動産投資でも、会社員が副業としてアパート経営を行うケースも増えてきているといわれています。

マンション

マンションの売り時

投資マンションを所有している場合には、売却のタイミングを常に意識しておくことが大切です。高く売れるタイミングや周辺状況の変化などに目を向けておくことで、売り時を逃さずに済みます。いずれにしても譲渡所得にかかる税金があるため、5年間は所有することがお勧めです。

家

不動産投資を始めてみよう

みんなで大家さんは初心者でも不動産投資を始めやすいものとして評判となっています。というのも、初心者向けのセミナーを開催していたり、共同出資という形で少ない投資額で不動産投資を始められるからです。銀行に預けるよりも金利も遥かに大きいため検討してみるのも良いでしょう。

家とお金

東南アジアで不動産投資

初めて海外不動産投資をする場合には事前の準備が大事です。東南アジアの新興国は不動産価格が上昇していますが、必ずリサーチをします。日本語が通じないとリスクが大きくなるので、日系不動産会社をメインに探すことが大事です。良い情報であっても必ず現地へ飛んで、自分の足と目で確認するようにします。

最近の不動産投資

家とお金

海外への不動産投資

投資の中でもリスクの低い投資方法として不動産投資がありますが、近年では海外不動産投資を行う人も増えています。海外不動産投資の大きなメリットの一つとして、キャピタルゲインへの期待があります。日本国内ではある程度成熟した経済状態であるため、地価は上がるどころか下落傾向にありますが、海外ではまだまだ地価が上昇している新興国があります。このような新興国において海外不動産投資を行えば、キャピタルゲインによる利益も期待できます。一般的に不動産投資では家賃収入など資産から生み出されるインカムゲインを収益として得るものですが、地価や物価が上昇している新興国では安く不動産を購入して高く不動産を売却することでキャピタルゲインを得ることができるのです。海外不動産投資における一番のメリットはここにあります。また、投資においては複数の資産に分散投資することでリスクを分散することができますが、不動産投資においても国内不動産だけでなく海外不動産にも投資することで、経済情勢の悪化などに備えることができるのです。その一方で、海外不動産投資は不動産の状況がわかりにくいというデメリットや為替相場の変動などのリスクもあります。そのため、海外不動産投資に成功するためには、物件そのものの選び方よりも、投資先の国の選び方が重要になります。新興国には常に一定のリスクがありますが、それだけ大きなリターンを得ることができる可能性もあります。

Copyright© 2018 最近人気が高まっている海外不動産投資【魅力を紹介】 All Rights Reserved.